50代での転職でおすすめの面接の服装


 

髪形や色など不快に思わない身だしなみ

 

50代の転職だから、何か特別な準備が必要だと、構えすぎていませんか?
この年代の転職では、人物が重要ですから、髪形については清潔で、面接官に好感を持っていただけることを意識すれば十分でしょう。
といっても、髪形や髪の色については、やはり、極端な脱色、明るすぎる色は避けるべきです。
男性であれば整髪剤のつけすぎや長髪、女性であれば派手すぎる髪形は避ける方が無難です。
白髪が目立つと、実年齢より老けて見えがちです。元気ではつらつとした印象をアピールするためにも、毛染めはきちんとしていきましょう。

まずは姿勢を正し、筋肉をつけることです。

50代男性の外見の悩みを調査 – 「太って筋肉もないから礼服が似合わない」

一般的に控えめな人が誰にでも好まれますよ。

20代女子から総スカン! 勘違い40代男の大暴走

服装などおすすめのメーカーでも可能

服装についても、面接先や仕事内容にもよりますが、やはり面接ではスーツを着ていく方が良いでしょう。
高級ブランドのスーツでなくてもかまいませんが、50代の転職では、ある程度品質の良いスーツの方が、面接官に好印象をあたえます。とくに管理職を目指す方、営業職など、対人度の高い業種への就職を考えている方は、きちんとした印象の服装が重要になってきます。デザインなど、個性を発揮したいような分野での転職でも、基本はフォーマルな服装が無難です。ネクタイの色やデザインに少し個性を出してみる、という程度が、外さなくておすすめです。

女性の場合は、フォーマルな服装に幅があること、業種も幅広いことが多いので、スーツ、フォーマルなワンピース、おとなしめのスカートにジャケットを羽織る程度までは、許容範囲でしょう。あまりカジュアルすぎないように気を付けましょう。

細かい所までしっかりと!

自分では見落としがちなのが、足元です。
履きつぶして型崩れした靴、汚れの目立つ靴になっていませんか?
自分が面接官ならこのような靴を履いていると、つい目が行ってしまうと思います。
靴位どうでもいいと思う方もいるかもしれないですが、細かいところまで気を配れる人かどうか、相手に好印象を与えるために努力しているか、以外にこういう所に出るものです。

靴は汚れを落として、きれいに磨くか洗って面接にのぞみましょう。
同様に汚れたカバンなども以外に目立つものです。持ち物が清潔なものになっているかしっかりチェックしましょう。

人間は見た目で相手がどんな人か判断する。そしてそれは結構あたってる。

これは事実です。への字口なら不平の多い人だろうな、服装がだらしないから生活態度もだらしないかな、などと私は思わないなんて言わないでくださいよ。深い付き合いでない相手のことは外見で判断しているはずです。そして大外れ
は案外しないでしょう。

引用 見た目は仕事にも影響すると言われて。

まとめ

50代の転職だからと、特別な服装は必要ありません。
ただ、50代というと、すでに様々な人生経験も積みつつあり、相手の気持ちも若い頃よりも分かるようになってくるもの。
服装面でも、そこをいかしたものにすると、より印象がアップします。
つまり、髪形や服装など、自分が面接官ならどういう感じを受けるかを想像して準備することです。
あなたらしさをもりこみつつ、好印象を持ってもらえるものにしましょう。
また、折角服装を整えたなら、服装にふさわしい、はきはきとした受け答えで、面接官に自分のやる気をしっかりアピールするようにしましょう。