50代からの再就職でのアドバイス


企業は実際、実質のところ20代が採用でほしいのは常識です。ですので、50代ともなれば、再雇用として募集要項にのるのは、管理職がベースです。そして、スペシャリストな技術職の方々になります。
もし、工員や、オペレータと言えば、30代には引けをとってしまうのは現実でありますので、立場上苦しい運命になります。それが、常識であると捉えるのには、さびしい世界です。
ただし、50代で中途採用を工員から、現場作業者から始めるのには、これまでの経験を活かした、企業感覚と言うものが有効であるのは事実です。

自分にできる事はなんだろう?

自分にできることをその世代から考えるには、やはり、年齢としてのスキルがあります。それは、やはり50世代の企業経験というものです。かつての日本のデフレ期前までの知識があれば、日本人がビジネスソルジャーたりえることは、解っている人たちがいるものです。その上で、そういった人たちが、自分にできることを考えるのはとても有効な印です。
そして、その自分にできる事をいくらかでも、持っているという技術・職域・資格のほかに、企業経験と言う関係力学を熟知していることがあれば、やはり、採用の欲しい企業はいくらでもあるはずです。

再就職の面接での乗り切り方

再就職での面接では、やはり自慢げにならずに、自分の不可測の自体を事前に述べる事や、力点について、正確に自分自身を理解していることが、前提条件です。
つまり、自分の体力のスキル・自分の仕事士としてのスキル・自分のストレス耐性としてのスキル・特殊スキルと言う風に、自分を分解して正確に面接士に見せる事が必要になります。
自分をあけっぴろげに、年齢がいっているとはいったとしても、この新しいフィールドでは、どの程度のものなのか、事前に知っていることは重要です。その上で、コミュニケーション技術を見られると思ってください。それは最後です。

まとめ

年配と言われる、年齢世代の再就職は、食いつなげるかどうかと言う年頃です。なので、家族を持っているという事は、励みにもなることですし、そして頑張る威力を再踏ん張りというかたちで雇用もあるでしょう。
なので、どうしても辞められないという事情としての活動力もひとつの査定には入ります。
実際は、若手にかなわない状況はありますが、指導力として年齢が活きることはあります。それが、黙っているだけでも力になるという人生の力量もあれば、若い人を打ち砕けるようなパワーの残った50代というものもあるのです。
再雇用にかける上でも戦力として使用したいのは経営サイドになります。

 

参考サイト・・・・・・・

50代でも遅くない!中年転職 最前線 – NHK クローズアップ現代+

50代からの転職「すぐ決まる人、決まらない人」

転職を考えた時におすすめな本


転職を考えた時におすすめ本の選び方

転職を考えた時におすすめの本は雑誌としてやはり、ビジネス書になります。営業系・オフィス系でなかったとしても、それは、事業として、世の中でどういう立地バランスをくめているのか、そのねらう企業の立ち位置を調べるのには有益だからです。

ねらっている企業だけではなく、同業種のはなしが載っているビジネス書、ダイヤモンドなどのビジネス用雑誌は、たしかに企業経営としての苦労話など、経営陣の側から見た、社会の中での枠の見えるところです。正社員の枠内をねらうのであれば、事業の未来を見据えるという点で、勉強しなくてはならないことは多いものです。

転職の悩みに打ち勝つ!

転職を考えた時にいわゆる悩みに勝つ方法として、デール・カーネギーの読み物があります。特に、悩みに打ち勝つ方法については、具体的な事例・打ち勝った成功例が書かれてあります。
その類の実話は、成功物語としてのことではなく、自殺を乗り切った等の、タフネスを描いているものになります。苦しいときに、考えたことが、スポーツ根性のようなものではなく、生きるヒントとしての、描かれ方があります。これは、デール・カーネギー財団のヘッドとして、入念に計算された書籍のものなので、その本で心が改まったというような、事例本です。

年齢を基準とする

転職が、若年者の20代30代前半である場合は、まだ希望と望みがあります。このケースでは、佐々木常夫さんの、ビジネス書が有益です。実際、大手のヘッドまで経験された型なので、若い人たちに対するストレートな指導には定評のある方です。
そして、その極めの文句が、30歳で決まり、35歳の角度という、年齢を基準とした、判定がいかにものがたっているかという、指導要領的な本になっています。
これは、若い人たちの勇気になり、そして、指導するうえでも、心熱い訓得と言う点で、とても為になる本です。そして、日本の会社という良い仕組みが見えるのです。

まとめ

本を読むというのは、転職時期になかなかできたことではありません。それは、ある程度こころの余裕のあるときにすることになります。ただし、転職の切羽詰まった時に、読むものはやはり情報誌になってしまうのです。
企業に勤めるというのは、実は安心できたことではありません。自分の将来に関しては不安は尽きません。それは大企業でもおなじです。そして、経営している方でも安泰ということはないのです。そのために、あるていど、時間の余裕のある時にこれらの良い本といわれるものを読んでください。
危機が訪れるとき、座右の銘となって、何度もこころに響くでしょう。

転職を考えるときにまずしたいことは?


50代からの転職の心構えとして、確かに、その年齢からプライドの邪魔をすることはあります。なので、まず、自尊心から捨てきることが重要です。実際の現場に入れば、そこでは若い人たちも働いています。

そして、経験を積んだ体の動く人たちです。その中で、えらくいても、年齢を笑われるぐらいですので、そこでは、仕事士になりきらなくてはなりません。仕事上の事は、仕事上の事と割り切らなくてはなりませんが、実際は、10代の人と同じ仕事ができなくては務まらないのです。そして、その査定も職場で厳しいので、赤ちゃんに戻ったように素直さを身に着ける事が肝要です。

履歴書、職務経歴書のポイント

履歴書、職務経歴書では、大企業の名前も効く段階は確かにあります。要するに、バブル後期からの日本の社会で実勢社員として働いた経験はかわれるものです。なので、その時期が雇用にとっての売り手市場であったことは、事実ですが、その当時の経歴としては書く分には値します。
そして、その後の展開ですが、初任給をもらっていた時点から、没落のことではなく、不況時・デフレ期にどれだけ、がんばってきたか、そして、家族を養うのに苦労をしたかの実績が組める職務経歴書であれば、万全でしょう。給料は下がったかもしれない、しかし、もう一回やる気なのですという意気込みでOKです。

50代からの派遣と言う働き方は、融通が利くという若い人の言い方とは違うでしょう。そこには、面接の通りやすさと言う、サポートする派遣会社の力量もあるのです。
ですので、そのあたりの人間関係を守りつつ、終身と言われる年齢まで、落ち着くのが良いでしょう。確かに、派遣法により、就業期間のあるのは、事実ですが、一社に留まらない柔軟な考え方があれば、そして、派遣元の会社にちゃんとした人間関係を構築できていれば、まず問題はありません。事業の仕事にのれるかどうかもありますが、派遣元もそのあたりはサポートの基準内なので、文句を言わなければ続くでしょう。

まとめ

年配からの再雇用というかたちですが、例をあげると、その就職先で、若年者ばかりだったということは、ざらにあります。なので、そのコミュニケーションと言うことに、慣れないことは必ずあります。ですが、若い人と争うよりも、仕事で見せつけるくらいの体力を保持しておくことは極めて肝要になります。これは、仕事を納めるという会社への仕え方においても、若い人に負けてはなりません。腰かけでいいと言ってくれる会社はどこにもないのです。

老齢と言って、楽そうに見えるところが実は一番きついところなのかもしれません。金額の相談も必要です。

病む前に辞める方がいいと思う理由


50代になると、長年勤めて頑張って来た会社においても、閑職に追いやられたり、早く辞めて欲しいと言わんばかりの扱いに合う事も少なくありません。
長年、会社に貢献して来たのに、その理不尽な扱に腹立たしく感じたり、チクチクと早期退職を迫られる事に耐えがたく、精神的に参ってしまう事もあるでしょう。
それでも、50代で再就職となれば、賃金の大幅ダウンは避けられず、また再就職できるだろうかと言う不安の為に、思い切って辞める事もできず、悩んでいる人も多いでしょう。
確かに、再就職の不安もあり、賃金のダウンも避けられないかも知れません。我慢して図太く居続ける事が出来るのならそれも良いでしょう。しかし、精神的に病んでうつ状態になれば元も子もありません。
そんな危険を少しでも感じれば、スパッと辞める勇気も必要です。サラリーマンは心身が元気であってこそ稼ぐ事ができるのですから。

50代で会社に居ずらくなって辞めた人も、50代では悠々自適とはいかないのが普通でしょう。年金支給にはまだまだ年月がある50代で離職した人は、やはり再就職して稼ぎ続ける事が経済的に必要なケースが一般的です。
そうした事態に備えて、スキルを磨き、それで人に遣われる事無くフリーランスとして稼ぐ才覚があれば、それも1つの方法でしょう。しかしフリーランスとして稼ぐには、やはりリスクが大きく、その決断も中々難しいと言えるでしょう。
やはり、大幅に賃金がダウンしても年金が支給される年齢までは、気楽に働ける再就職先を見つけて働き、賃金のダウン分をちょっとしたネット副業等でカバーする事を考えるのがベターと言えるでしょう。
50代で新たな仕事に就く場合には、出世の可能性も少なく、一定の収入を得られて、最適限の生活費を稼げれば良いと割りきり気楽に働く事がベストでしょう。

50代で一定の役職に付きバリバリと仕事をする立場の場合には、その役職に見合う仕事ぶりを従来通り行えば良いでしょう。その場合にでも常に老害を部下や周辺に与えていないか、謙虚であるべきでしょう。
また、早期退職を迫られる様な閑職に追いやられて、なおかつ会社を辞めずに頑張るなら、チクチクした嫌味を聞き流せる図太さを持ち、いつでも辞めてやると言った気持ちで対応し、自分の立場に理解を示す人達とのみ付き合い、ひっそりと会社生活を送ると良いでしょう。それでも精神的に不安感に襲われる様なら、精神的に病む前に、スパッと辞める勇気が必要です。
さらに50代で再就職した場合には、前の会社と比較して再就職先を悪く言うう事は避けるべきです。特に、大企業に勤めていた人は陥りやすい為、注意が必要です。
波風を立てぬようにし、自分から再就職先に居ずらくする事無く、気楽に働く事で、適度な人間関係を形成すべきです。

まとめ

50代も後半になると、会社生活での岐路に立つ事が多いものです。出世してその年代でも同じ会社でバリバリ働けるなら、幸せです。しかし、閑職に追いやられ、暗に早期退職を迫られる場合には、図太く受け流して居続けるか、思い切って辞めるのかの選択に迫られる事もあります。
そんな時には、精神的に病めば元も子もないと言う想いで判断を下すべきです。退社した場合には、年金受給まで、再就職して稼ぎ続ける事が一般的に必要となるでしょうが、その場合にも再就職先では波風を立てない様に、気楽に働く事が必要です。精神的に病んで、身動きが取れない状態に陥る事が最悪です。子供が成人して、独立する世代でもあり、深刻に考えず、夫婦が共稼ぎして食べて行け良いと気楽に考える事が何より大切です。

合わせてお読みください。

主婦が働く理由の1位は「今後の生活に不安を感じるため」

「あなたが働く理由は?」世代別にアンケートをとった結果、1位は◯◯だった。その目的は…

職場の人間関係、うまくいく人・うまくいかない人の違い10選