50代からの再就職でのアドバイス


企業は実際、実質のところ20代が採用でほしいのは常識です。ですので、50代ともなれば、再雇用として募集要項にのるのは、管理職がベースです。そして、スペシャリストな技術職の方々になります。
もし、工員や、オペレータと言えば、30代には引けをとってしまうのは現実でありますので、立場上苦しい運命になります。それが、常識であると捉えるのには、さびしい世界です。
ただし、50代で中途採用を工員から、現場作業者から始めるのには、これまでの経験を活かした、企業感覚と言うものが有効であるのは事実です。

自分にできる事はなんだろう?

自分にできることをその世代から考えるには、やはり、年齢としてのスキルがあります。それは、やはり50世代の企業経験というものです。かつての日本のデフレ期前までの知識があれば、日本人がビジネスソルジャーたりえることは、解っている人たちがいるものです。その上で、そういった人たちが、自分にできることを考えるのはとても有効な印です。
そして、その自分にできる事をいくらかでも、持っているという技術・職域・資格のほかに、企業経験と言う関係力学を熟知していることがあれば、やはり、採用の欲しい企業はいくらでもあるはずです。

再就職の面接での乗り切り方

再就職での面接では、やはり自慢げにならずに、自分の不可測の自体を事前に述べる事や、力点について、正確に自分自身を理解していることが、前提条件です。
つまり、自分の体力のスキル・自分の仕事士としてのスキル・自分のストレス耐性としてのスキル・特殊スキルと言う風に、自分を分解して正確に面接士に見せる事が必要になります。
自分をあけっぴろげに、年齢がいっているとはいったとしても、この新しいフィールドでは、どの程度のものなのか、事前に知っていることは重要です。その上で、コミュニケーション技術を見られると思ってください。それは最後です。

まとめ

年配と言われる、年齢世代の再就職は、食いつなげるかどうかと言う年頃です。なので、家族を持っているという事は、励みにもなることですし、そして頑張る威力を再踏ん張りというかたちで雇用もあるでしょう。
なので、どうしても辞められないという事情としての活動力もひとつの査定には入ります。
実際は、若手にかなわない状況はありますが、指導力として年齢が活きることはあります。それが、黙っているだけでも力になるという人生の力量もあれば、若い人を打ち砕けるようなパワーの残った50代というものもあるのです。
再雇用にかける上でも戦力として使用したいのは経営サイドになります。

 

参考サイト・・・・・・・

50代でも遅くない!中年転職 最前線 – NHK クローズアップ現代+

50代からの転職「すぐ決まる人、決まらない人」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です