転職を考えるときにまずしたいことは?


50代からの転職の心構えとして、確かに、その年齢からプライドの邪魔をすることはあります。なので、まず、自尊心から捨てきることが重要です。実際の現場に入れば、そこでは若い人たちも働いています。

そして、経験を積んだ体の動く人たちです。その中で、えらくいても、年齢を笑われるぐらいですので、そこでは、仕事士になりきらなくてはなりません。仕事上の事は、仕事上の事と割り切らなくてはなりませんが、実際は、10代の人と同じ仕事ができなくては務まらないのです。そして、その査定も職場で厳しいので、赤ちゃんに戻ったように素直さを身に着ける事が肝要です。

履歴書、職務経歴書のポイント

履歴書、職務経歴書では、大企業の名前も効く段階は確かにあります。要するに、バブル後期からの日本の社会で実勢社員として働いた経験はかわれるものです。なので、その時期が雇用にとっての売り手市場であったことは、事実ですが、その当時の経歴としては書く分には値します。
そして、その後の展開ですが、初任給をもらっていた時点から、没落のことではなく、不況時・デフレ期にどれだけ、がんばってきたか、そして、家族を養うのに苦労をしたかの実績が組める職務経歴書であれば、万全でしょう。給料は下がったかもしれない、しかし、もう一回やる気なのですという意気込みでOKです。

50代からの派遣と言う働き方は、融通が利くという若い人の言い方とは違うでしょう。そこには、面接の通りやすさと言う、サポートする派遣会社の力量もあるのです。
ですので、そのあたりの人間関係を守りつつ、終身と言われる年齢まで、落ち着くのが良いでしょう。確かに、派遣法により、就業期間のあるのは、事実ですが、一社に留まらない柔軟な考え方があれば、そして、派遣元の会社にちゃんとした人間関係を構築できていれば、まず問題はありません。事業の仕事にのれるかどうかもありますが、派遣元もそのあたりはサポートの基準内なので、文句を言わなければ続くでしょう。

まとめ

年配からの再雇用というかたちですが、例をあげると、その就職先で、若年者ばかりだったということは、ざらにあります。なので、そのコミュニケーションと言うことに、慣れないことは必ずあります。ですが、若い人と争うよりも、仕事で見せつけるくらいの体力を保持しておくことは極めて肝要になります。これは、仕事を納めるという会社への仕え方においても、若い人に負けてはなりません。腰かけでいいと言ってくれる会社はどこにもないのです。

老齢と言って、楽そうに見えるところが実は一番きついところなのかもしれません。金額の相談も必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です