転職を考えた時におすすめな本


転職を考えた時におすすめ本の選び方

転職を考えた時におすすめの本は雑誌としてやはり、ビジネス書になります。営業系・オフィス系でなかったとしても、それは、事業として、世の中でどういう立地バランスをくめているのか、そのねらう企業の立ち位置を調べるのには有益だからです。

ねらっている企業だけではなく、同業種のはなしが載っているビジネス書、ダイヤモンドなどのビジネス用雑誌は、たしかに企業経営としての苦労話など、経営陣の側から見た、社会の中での枠の見えるところです。正社員の枠内をねらうのであれば、事業の未来を見据えるという点で、勉強しなくてはならないことは多いものです。

転職の悩みに打ち勝つ!

転職を考えた時にいわゆる悩みに勝つ方法として、デール・カーネギーの読み物があります。特に、悩みに打ち勝つ方法については、具体的な事例・打ち勝った成功例が書かれてあります。
その類の実話は、成功物語としてのことではなく、自殺を乗り切った等の、タフネスを描いているものになります。苦しいときに、考えたことが、スポーツ根性のようなものではなく、生きるヒントとしての、描かれ方があります。これは、デール・カーネギー財団のヘッドとして、入念に計算された書籍のものなので、その本で心が改まったというような、事例本です。

年齢を基準とする

転職が、若年者の20代30代前半である場合は、まだ希望と望みがあります。このケースでは、佐々木常夫さんの、ビジネス書が有益です。実際、大手のヘッドまで経験された型なので、若い人たちに対するストレートな指導には定評のある方です。
そして、その極めの文句が、30歳で決まり、35歳の角度という、年齢を基準とした、判定がいかにものがたっているかという、指導要領的な本になっています。
これは、若い人たちの勇気になり、そして、指導するうえでも、心熱い訓得と言う点で、とても為になる本です。そして、日本の会社という良い仕組みが見えるのです。

まとめ

本を読むというのは、転職時期になかなかできたことではありません。それは、ある程度こころの余裕のあるときにすることになります。ただし、転職の切羽詰まった時に、読むものはやはり情報誌になってしまうのです。
企業に勤めるというのは、実は安心できたことではありません。自分の将来に関しては不安は尽きません。それは大企業でもおなじです。そして、経営している方でも安泰ということはないのです。そのために、あるていど、時間の余裕のある時にこれらの良い本といわれるものを読んでください。
危機が訪れるとき、座右の銘となって、何度もこころに響くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です