病む前に辞める方がいいと思う理由


50代になると、長年勤めて頑張って来た会社においても、閑職に追いやられたり、早く辞めて欲しいと言わんばかりの扱いに合う事も少なくありません。
長年、会社に貢献して来たのに、その理不尽な扱に腹立たしく感じたり、チクチクと早期退職を迫られる事に耐えがたく、精神的に参ってしまう事もあるでしょう。
それでも、50代で再就職となれば、賃金の大幅ダウンは避けられず、また再就職できるだろうかと言う不安の為に、思い切って辞める事もできず、悩んでいる人も多いでしょう。
確かに、再就職の不安もあり、賃金のダウンも避けられないかも知れません。我慢して図太く居続ける事が出来るのならそれも良いでしょう。しかし、精神的に病んでうつ状態になれば元も子もありません。
そんな危険を少しでも感じれば、スパッと辞める勇気も必要です。サラリーマンは心身が元気であってこそ稼ぐ事ができるのですから。

50代で会社に居ずらくなって辞めた人も、50代では悠々自適とはいかないのが普通でしょう。年金支給にはまだまだ年月がある50代で離職した人は、やはり再就職して稼ぎ続ける事が経済的に必要なケースが一般的です。
そうした事態に備えて、スキルを磨き、それで人に遣われる事無くフリーランスとして稼ぐ才覚があれば、それも1つの方法でしょう。しかしフリーランスとして稼ぐには、やはりリスクが大きく、その決断も中々難しいと言えるでしょう。
やはり、大幅に賃金がダウンしても年金が支給される年齢までは、気楽に働ける再就職先を見つけて働き、賃金のダウン分をちょっとしたネット副業等でカバーする事を考えるのがベターと言えるでしょう。
50代で新たな仕事に就く場合には、出世の可能性も少なく、一定の収入を得られて、最適限の生活費を稼げれば良いと割りきり気楽に働く事がベストでしょう。

50代で一定の役職に付きバリバリと仕事をする立場の場合には、その役職に見合う仕事ぶりを従来通り行えば良いでしょう。その場合にでも常に老害を部下や周辺に与えていないか、謙虚であるべきでしょう。
また、早期退職を迫られる様な閑職に追いやられて、なおかつ会社を辞めずに頑張るなら、チクチクした嫌味を聞き流せる図太さを持ち、いつでも辞めてやると言った気持ちで対応し、自分の立場に理解を示す人達とのみ付き合い、ひっそりと会社生活を送ると良いでしょう。それでも精神的に不安感に襲われる様なら、精神的に病む前に、スパッと辞める勇気が必要です。
さらに50代で再就職した場合には、前の会社と比較して再就職先を悪く言うう事は避けるべきです。特に、大企業に勤めていた人は陥りやすい為、注意が必要です。
波風を立てぬようにし、自分から再就職先に居ずらくする事無く、気楽に働く事で、適度な人間関係を形成すべきです。

まとめ

50代も後半になると、会社生活での岐路に立つ事が多いものです。出世してその年代でも同じ会社でバリバリ働けるなら、幸せです。しかし、閑職に追いやられ、暗に早期退職を迫られる場合には、図太く受け流して居続けるか、思い切って辞めるのかの選択に迫られる事もあります。
そんな時には、精神的に病めば元も子もないと言う想いで判断を下すべきです。退社した場合には、年金受給まで、再就職して稼ぎ続ける事が一般的に必要となるでしょうが、その場合にも再就職先では波風を立てない様に、気楽に働く事が必要です。精神的に病んで、身動きが取れない状態に陥る事が最悪です。子供が成人して、独立する世代でもあり、深刻に考えず、夫婦が共稼ぎして食べて行け良いと気楽に考える事が何より大切です。

合わせてお読みください。

主婦が働く理由の1位は「今後の生活に不安を感じるため」

「あなたが働く理由は?」世代別にアンケートをとった結果、1位は◯◯だった。その目的は…

職場の人間関係、うまくいく人・うまくいかない人の違い10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です