50代からだって、なんでもできる!

50代だから、もう再就職なんて無理なのかも・・・。そんな風に思ってしまいがちですが、人間生きているならなんだってできます!自分が望むなら、今からだって社長にだってなれるし、自分がしたかったお店を開いたりもできます。

しかし実際には自分のしたかった事への分野に転職、または自分がしたくなかったような仕事でも請け負わなくてはいけない事も。そんな世間一般で見る50代からの就職への心の持ち方をご紹介しますね。

専門的な仕事をしてきた人

専門的な仕事にもよりますが、狭い業界を渡り歩かないといけないために、今から転職しようとすると給料が下がったりするだけでなく、今までの仕事の立場が逆転し今までは相手が下請けだったのに、今度は自分が下請けになったりすることも・・・。

しかし、今から新しい職種に就くには相当な努力が必要になってくるため、転職する前によく考えて勉強したり資格を取ったりと準備が必要かも知れません。しかし、人当たりがよく、給料が下がっても同じ分野で働きたい!という意欲のある人は、今までと同じ専門の仕事の中で探せばすぐに見つかるでしょう。

転職を繰り返してきた人

いわゆる誰にでもできるような、簡単な仕事であったり学習系や家庭教師、新聞などの営業を繰り返してきた人は、今から就職するとなると再度また同じような営業の仕事を探すか、定年まで勤められるような無理のない仕事をこなしていくといった仕事を探すしかありません。

再度また営業となると、体も持たないかも知れませんが50代には50代向けの営業は必ずあります。健康器具や布団などもそのひとつです。自分が健康が一番大事という事をアピールしやすい営業といえましょう。
工場やライン工などを繰り返してきた人も、同じような仕事で正社員でなくとも契約社員やフルタイムのパートなどで探すといいでしょう。今までと同じようにはいかないかも知れませんが、それでもあなたをかってくれる企業があるはずです。

明るく前向きに


もしかすると、自分が思っていた転職ではないかも知れません。給料だって下がるかも知れません。でも50代からだって、企業が雇用してくれるという事はあなたに何かしらの期待をしているという事です。決して後ろ向きに考えず、明るく前向きにいきましょう!

会社というからにはもちろん、同僚だって先輩だって上司だって居ます。人と人とのコミュニケーションが最大のポイントになってきます。明るく、たとえ年齢が年下の上司になったとしても相手の懐に飛び込んで、心地いい関係を50代の人生経験を積んできたあなたなら築いていけるはずです。

したくなかった仕事でも新しい発見がある!たとえ、自分が絶対にしたくなかったような仕事でも、続けてみると新しい発見があったりします。今まで生きてきて、自分は一体何を見て生きて来たのかと考える場面すら出てくると思います。そんな時に、もうこの年で見つけたといってもなあ。。。と卑屈にならず、その経験を更に生かせることもこの年代ならスムーズにできるはずです。

人と人とのコミュニケーションを通して、仕事を更に活性化させたり、今まで思っていたやり方とは違う発見を積み重ね、更に新しいやり方を発見したりとまだまだ諦めるには早すぎます。あなただからこそ、出来る仕事があるのですから。

まとめ

若い頃のように、なんでもできる!という気力から遠ざかり、自分には何ができるだろうか?と思い悩んでしまう時期ですが、今までだって何でもやってきていたように、これからだって何でもできます!

諦める前に、まず「自分には何ができるのか」「自分はどういう所が活かせるのか」という事を仕事に当てはめて考えてみましょう。